Home » 情報センター » 新聞記事
12月17日-18日 2019ユニコーン企業500番付 大会は青島で開催
Date of Release:2019-11-22   viewed:6

12月17日-18日 2019ユニコーン企業500番付

大会は青島で開催

 

  11月20日、中国人民大学中国民営企業研究センターと青島市民営経済発展局、青島市即墨区政府により共同で主催する2019ユニコーン企業500番付大会の記者会見は北京国家会議センターで開催される。12月17日-18日、2019ユニコーン企業500番付大会は青島市即墨区で行われ、「変革、革新、将来」とテーマにする。大会は「2019世界ユニコーン企業500番付発展報告」、初となる2019世界ユニコーン企業500番付ランキングを発表する予定。

  同会は国家部委リーダー、青島市リーダー、世界ユニコーン企業500番付代表、隠れたユニコーン企業代表、国内外の有名な金融投資機関代表と専門家学者などの300人余りを招待、多方面の知恵が集めって、国家戦略、国際協力、モデル転換・グレードアップ、品質の高い発展をめぐり、新鋭な企業者にハイレベル対話交流プラットフォームを構築する。

  2019ユニコーン企業500番付大会は世界ユニコーン企業の発展状況を議論、ユニコーン企業の発展規律を解明、ユニコーン企業の発展方向を研究して、ユニコーン企業の間に、ユニコーン企業と投資機関の間に、ユニコーン企業と地域政府の交流・協力を促す。

  世界ユニコーン企業は12つの分野に広く分布、それぞれはスマート科学技術、金融科学技術、医療健康、自動車交通、企業サービス、物流サービス、生活サービス、文化観光メディア、教育科学技術、材料エネルギー、宇宙航天と農業科学技術である。2019年、世界ユニコーン企業は明らかな集中効果を現れた。六つの世界都市群は世界で最も高い経済活躍性と資本吸引力を持つ地域として、ユニコーン企業の集中的地域になった。青島などの地域は世界ユニコーン企業の新興な成長地域になる。