Home » 情報センター » 新聞記事
企業の改革発展に「四つのプラットフォーム」を構築 山東
Date of Release:2019-11-04   viewed:9

企業の改革発展に「四つのプラットフォーム」を

構築 山東

 

  3日、第3回中国企業改革発展フォーラムは済南で開催された。山東省委の担当者によると、山東は企業の改革発展のために「政策プラットフォーム」、「成長プラットフォーム」、「協力プラットフォーム」、「サービスプラットフォーム」を構築する。山東は企業家が才能を発揮する広い舞台となる予定。

  「政策プラットフォーム」において、山東省委、省政府は「国有企業10条」、「非公有制経済健康発展支援について十条意見」、「民営経済35条」、「実体経済45条」などのシリーズ政策を前後して発表、企業に関する行政的料金徴収がすべて取り消し、国家の減税・費用削減政策を全部実行した。

  企業に「成長プラットフォーム」を構築するために、山東は開発区メカニズムの改革を推し進めて、「管理委員会+会社」モードを全面的に実行、企業に集中的発展するキャリアーを提供、「政府+銀行+企業」という新たな共同体を育成した。262つの政府投資基金が設けられ、実体経済の発展を支えた。

  山東は企業のために「協力プラットフォーム」を作り上げる。山東省は9万億元余りの国有資産総量がある。山東は「」を国有企業が改革するきっかけにして、3年間で、「ハイブリッド所有制」社数、資産比率が75%を超え、資源証券化率が70%以上になる。

  この他、山東は企業に「サービスプラットフォーム」を着実に構築する。山東省によると、「手続きが最もシンプル、コストが最も低く、効率が最も高い」という基準をに従って、プロセスの再構築を全力的に推進、ミニマリスト政務環境を構築、企業と革新人材に「全周期的」サービスを提供する。